Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://funnyman99.blog76.fc2.com/tb.php/100-2cb0992f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「自動車」という単語だけで警戒するほどに訓練されました。

江戸川乱歩『蜘蛛男』読了。
乱歩は短編の方が好みなのだが、ヒマが出来た事もあって一気に読めた。

探偵小説マニアではないので、調査や推理メインの作品は少々苦手としているが、後半勢いをつけて読み進める事が出来たのはひとえに変態成分のおかげであろうか。

好みの女ばかり狙って殺しては、凝った示威行動に出る殺人鬼、というのは良い。
片足が不自由な義足の犯罪学者にして探偵(実はそれだけに留まらないのだが)の畔柳博士もナイスキャラである。
探偵小説はトリックのタネよりも、実は魅力的なキャラクターが重要という意見は嘘ではなかった。

同じ探偵モノでも、『黒蜥蜴』は読むのが少々億劫だったんだよな…
いくら凄腕でも盗賊では何か迫力が無いというか漲れないというか。
少なくとも、私の趣味ではないなあ。

『陰獣』は好きな方。不気味なストーカー譚である。
大江春泥の容姿を想像するだけで身震い出来てしまう。
ストーリー展開においても、非常にスムーズに、そして巧みに作者に騙されてしまった。いっそ気持ちの良いほどに。

しかしアレだ。後半になって明智小五郎が出てくると、解決のフラグに見えて少し鼻白んでしまうのは何故だろう。
名探偵だから仕方ないか。

さあて、次は何を読もうか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://funnyman99.blog76.fc2.com/tb.php/100-2cb0992f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

城戸祝二郎

Author:城戸祝二郎
End Breaker!
 フリッツ・キアシュペ(c09441)

Silver Rain
 坂本・柳(b06885)
 エドマンド・ボストウィック(b15659)

参加中ですなり。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。